読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

38-84

買い物 食べ物 旅行 キャンプ うどん カメラ その他いろいろ雑記帳

青根キャンプ場

青根キャンプ場

自宅から1時間程度で行ける相模原道志エリアのキャンプ場。

3回目のキャンプは「温泉」に惹かれて行ってきました。

 

 

f:id:shiro82:20151122134113j:plain

f:id:shiro82:20151122134436j:plain

まずは受付を済ませて、陽だまりでゴロゴロしている猫とちょこっと遊んで

ガラガラのフリーサイトへ

平日の朝8時に来たこともあり誰もいませんでした

 

f:id:shiro82:20151122134615j:plain

f:id:shiro82:20151122134638j:plain

初めてのフリーサイト。何も基準がないところに設営する自由を感じながらも内心、こんなに場所を占領していいのか心配になり、結局控えめな設営になりました。

 

f:id:shiro82:20151122142235j:plain

河原はゴロゴロの石。 川の流れは緩やか。

 

f:id:shiro82:20151122134610j:plain

平日のキャンプ場は空いていて良いものですが、このような場内の整備作業現場にはよく遭遇します。

 

f:id:shiro82:20151122134445j:plain

同じ「緑の休暇村」内にある「いやしの湯」で温泉に入り。

散歩がてらぶらぶら他のサイトの様子を見ながら帰ってきてビールを飲みます。

夕方になっても他のテントは4〜5張程度しかありません。

 

しかし翌朝サイトの様子が急変します。

f:id:shiro82:20151122134524j:plain

早朝から鳴り響くペグ打ちの音で起こされました。

土曜日の朝、午前8時のチェックインの時間よりかなり前からサイト内は大混雑。

フリーサイトの人気キャンプ場の週末の光景を初めて目の当たりにして驚きました。

設営場所を確保できなかった車が場内を巡回し、我々撤収組のサイトが開くのを狙っています。

速やかに片付け、受付でチェックアウト手続きをして帰りましたが、入場待ちの車列は場外にも延々と続いていました。

このキャンプを経験し、我々はもう少しキャンプ慣れするまでは区画サイトで行こうかなと感じました。

良くも悪くもたいへん思い出深い青根キャンプ場でしたが、料金が安いところは魅力なのでまた平日に行こうと思います。

 

広告を非表示にする